a food artificial additive

a food artificial additive

食品の裏側 - 阿部司
2005年11月10日第1刷発行
東洋経済新報社 1400円+税

コノ手の本はアレが危険だとか、見ても分からないようなカタカナが羅列してあって不安を煽るばかりのものが多い中、添加物の利便性を認めた上で、どうすれ ば極力添加物を食することを控えることが出来るといったところまで言及している。わかりやすくて面白い。こういう本を面白いというのは間違ってるか・・・
なにも、食べられなくなっちゃうので、神経質な方にはお勧めできません。
ただ、個人的な意見としては人間少々のことでは死なないように出来てると思っているので、気にする必要はないが、知っているという事が大事なのではないか。

知りたい人にはお勧め。

なお、この本(阿部司)を問題視する意見もある。
連鎖販売取引を行っているナチュラルグループ本社の関連団体である社団法人日本緑十字社(久司道夫社長)のセミナー「学歴より食歴」の講師をしているという指摘がある。
ようは、アニューと関係があるっぽいってことです。


カテゴリー: book パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*