福井 嶺南ダイワ ロッド モバイルパック 705TMLSを使ってみた

注)竿のインプレ動画じゃないです。

福井でちょい投げ。
(キスが釣りたかったのだが)

Daiwaモバイルパック705TMLSの使用感。
ある程度何にでも対応可能なロッドです。
1ピース、2ピースロッドと遜色ない使用感です。
リールは3000でルアー、エギ、エサと投げてみて、とても良好。
非常に軽く、ルアーやエギでも疲れないです。
感度も良いです。

ちょい投げでは、5号くらいのオモリが丁度いいです。
エギは、なんの問題もなく出来ています。

ルアーは10gくらいが気持ちいい。もちろんスピニングなので投げ方次第では、カタログスペック28gも余裕です。

まだ、大型魚をかけていないけれど、シーバスなら余裕だと思っています。

使用上の注意としては、テレスコピックなので、どうしてもガイドが回ってしまいます。時々確認してガイドの調整をしないといけない。
PEの糸絡みもありますが、7フィート程度だと手が届くので、慣れでなんとかなります。

出張のお供にお勧めです。
仕舞寸法が53cmと少し長いです。
(もっと短くという場合は、リバティクラブ ライトパックが45cmなので良いかと思ったのだけど、実物を触った感じ、置き竿用ですね。重いしダルンダルンです)

仕舞寸法にこだわるなら、ダイワの場合B.B.B. 6106TMLFS
全長は少し短くなりますが、相当使えると思われます。


カテゴリー: fishing diary パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*