viewpoint

視 点

何事も違う立場から物事を見ると受ける印象は違うものです。
例えば、僕はたばこを吸いますが、ポイ捨てをする喫煙者を見ると嫌な気分になります。しかし、非喫煙者から見ると僕が喫煙しているのを見ると嫌な気分になるかもしれません。非喫煙者でも寛容な方とそうでない方もおられますね。

そういう視点の違いをふまえた上で釣りについて、
僕は釣りを趣味としています。自称「魚に優しい釣り人」(単にあまり釣れないだけですが)全てリリースするわけでもなく食べることもあります。そして、他人が釣った魚をその人がどう扱おうが自由だと思います、他人の所業についてはとやかく言うつもりはありません。しかし、気分を悪くすることもあります。外来魚だからと、無茶苦茶な殺し方をしているのは見たくありません。釣りたい魚じゃないからと陸に放っておくのも見たくないです、海だとフグがそんな目にあっていますね。でも、見かけたからといって何も言わずに立ち去るというスタンスが基本です。

そもそも、釣りをしない方からすると、針で引っかけるなんて可哀そうで野蛮だと言われますし、反論するつもりもありません。僕がとっているこのスタンスが正解なのかどうかも分かりませんし、全く相容れない考えの方も居られることでしょう。

何も言わないスタンスのつもりですが、凄く嫌な気分になるものを見てしまったので少し書いてみます。1ヶ月程前に購入した釣り雑誌の付録のDVDなのですが、釣り上げた魚を蹴っ飛ばしていました、すぐに逃げそうな感じでもなかったのに。いつもそうやっているのかと思えてしまう。たとえ食べるにしても蹴っ飛ばすところをDVDでは見たくありません。編集で見えなくしてほしいところです。いくら付録といえど配慮が足りないと感じます。雑誌名を出して、映像も貼り付けて書きたくなった。

書こうとしはじめて、なかなか文章がでてこず。
釣りに限らず全てのことにおいての、視点というか観点の違いということを改めて考えさせられました。


カテゴリー: fishing misc. パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*